夜行バスで旅行へいこう

image

夜行バスは、夜の9時から12時くらいに出発をして現地には早朝の5時から8時くらいに到着をするのが一般的であり、多くの人にさまざまな用途で利用されています。
冠婚葬祭をはじめ、リーズナブルに旅行をめいいっぱい楽しみたいという人にもとても役立ちます。
夜行バスは、車中で一泊するために宿泊費を抑えたいという時にも良い方法です。
行きも帰りも夜行バスを利用すればホテル代が全くかからないため、その分現地でおいしい名産品を食べたりお土産の購入に予算を回すこともできます。
また、なかなか連休が取れないという職場で働く人にも、一日だけの休みでも休前日の仕事が終わった後に出発するにも十分な時間にバスは発車し、翌日の早朝には現地に到着するので朝から一日観光を楽しむことができます。
帰りのバスは同じく遅い時間での出発なので、現地でその土地ならではの地酒などのお酒を楽しんだり、夜景スポットに行ってみるにも十分な時間が取れます。
バスの種類もたくさん用意されており、中にはテレビや映画、ゲームが楽しめるように一人一つのモニターが付いたタイプや足元マッサージなどの設備があるタイプもあります。
ぜひバスでの旅行を楽しんでみてください。

便利なサイト

夜行バスで夜の間に目的地まで移動すれば、到着日にはまるまる1日遊べます!便利な夜行バスの検索は、こちらのサイトから。

夜行バスの予約の仕方はどうやるの

image

夜行バスに乗るとなったら、ほとんどのバスでは、まずは予約をしなくてはいけませんね。
夜行バスの予約方法は、いくつかあります。
一つ目は、一番簡単でかつ確実で、楽なネットでの予約です。
登録しなくていいものもありますが、ほとんどは登録制で、ポイントが貯まったり、予約の確認や乗り場の案内までできるので安心です。
二つ目は、コンビニで予約する方法です。
チケットを購入できる喜界で高速バスの予約をするサービスがあり、その場で予約してチケットを発見するのと共に、支払いもその場でできてしまうので楽です。
また、ネットや電話だとほとんどできない席の指定も出来る場合があるのでおすすめです。
三つ目は、電話で予約する方法です。
夜行バスの会社に直接電話して、予約してもらいます。
電話に出てくれた人が親切に教えてくれるので、ネットや機械に自信がない人や、聞きたいことがある場合に便利です。
四つ目は、乗り場の近くで発券機を使って予約する方法です。
係員がいる場所であれば、乗れるバスの案内などをしてくれる場合もあります。
自分がその場についた時間でバスを選ぶことができますが、繁盛期などは乗りたいバスに乗れない場合があるかもしれないので注意が必要です。